男女組み手はないのか

 本日のお届きものはこれ。

170924b01

S.H.フィギュアーツのボディくん、ボディちゃんの新作。
今回は漫画家・宝井理人と矢吹健太朗の監修を受けた新バージョン。

170924b02 170924b03

旧バージョンやfigma アーキタイプネクストと比較。
ボディくんはシャープに、ボディちゃんはふくよかになっている感じ。
またボディちゃんは、肩と股関節のカバーが無くなっている。

170924b04 170924b05

新たなパーツとして、腕組みや正座用の差し替えパーツが付属。
旧バージョンと互換性があるかは不明。
旧バージョンは関節が結構、がっつりはまっているので、取るのがちょっと勇気が要る。

170924b06 170924b07 170924b08

手首パーツとして、両手を組んだものがあり、これは旧バージョンとも互換性あり。
ヘル・アンド・ヘブンやゲンドウポーズとかも出来る。
男女の組み合わせのものはないが、一応、男用の手で石破ラブラブ天驚拳ぽいポーズをやってみた。

170924b09 170924b10

オプション小物としてはカップ類と西洋剣と盾が付属。
台座に取り付ける脚でローテーブルやベンチ代わりも出来る。
ただ、手の種類に旧バージョンの拳銃を持つ手などがない。
もっとも今回は拳銃自体が付いてないから、どのみち旧バージョンから拝借しないといけないが。

170924b11

腰に当てる手はボディくんは指が開いていて、ボディちゃんは閉じている。

170924b12

ボディくんはこのままかめはめ波でも撃てそうだ。
ボディちゃんは胸を……ゲフンゲフン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日のお届きもの

 バンプレからブツが届く。

170923ssm

 まずはスーパーセーラーマーズ。
火の鳥のエフェクトがあれば良かったのだが……
代わりに一緒に届いたガルーダを。
あれはファイヤー・ソウル・バードか。
つーか、バーニングマンダラのエフェクトは前だわ。
 まぁ、集中力もないことだし、次に行こう。

170923mg1 170923mg2

ガルーダ(中央)、ガンダルヴァ(向かって右)、ナーガ(向かって左)の三機のG-Forceメカが合体するという幻のメカゴジラ。
(あっナーガのメーサー殺獣光線砲のガードが降りたままだ)
生頼氏の描いた『ゴジラVSメカゴジラ』のポスターに描かれていたものの、結局、本編では登場しなかったというもの。
開封しての第一印象は、ガンダルヴァが思ったより小さい。
まぁ、メカゴジラ状態の大きさから逆算されるので、仕方ないし、足と腕ではどうしても腕の方が小さくなるよね。

170923mg3

ガンダルヴァとナーガだけの合体でも戦車形態で運用可能。

170923mg4

そして最終合体メカゴジラ!!
いや、ガルーダを合体させるのに、結構手間取ってしまったので、疲れた。
まぁ、なんつーか、説明書で何カ所かわかりにくい所もあったし、ガルーダを合体させるのが、擦れて塗装が剥げないか気を使うんだよなぁ。

170923mg5

虚構(ゴジラ)対幻影(メカゴジラ)
さすがにシン・ゴジラ相手ではどうにもならない気がするが。
組み付いて、マウス・トゥ・マウスで血液凝固剤を流し込むのか。
まさかのゴジラ受け。
さて、仕舞うか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

金曜日はスーパーで買い出し

 今日の新刊は1冊だけだし、明日の新刊とまとめて買いに行くか。
帰りはスーパーへ寄って、食料品の買い出し。
チーズはまだあるし、飲み物が心許ないが、ここのスーパーではお気に入りのペプシが売ってない。
ペプシは明日でいいか。
今日の夕飯用にコロッケを買って、あとパリパリポテトが安かったので、明日か明後日用に買っていこう。
実家なら揚げ物をしても、油の始末を心配しなくていいしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1日遅れ

 どうやら発売日が、これだけ1日遅れだったみたいで、今日は普通に新刊台に並んでいた。
帰りに無事、購入して帰る。
さて、何巻から読んでなかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新作

その1
編集(以下、編)「先生、新作の構想が出来たそうですね」
作家(以下、作)「うむ。時代はやはり異世界転生チートだろう。わしもミステリー作家としてその波に乗らねば」
編「いや、先生、ミステリーで異世界転生チートは……」
作「まぁ、聞け。主人公は高校生探偵・須藤慎二。謎の組織の存在に気付いたが、組織の差し向けたトラックに跳ねられて死んでしまう」
編「いや、その名前はダメでしょう」
作「異世界に転生した慎二は、何故か小学生になっていてエドガー・ドイルと名乗って……」
編「没!」

その2
編「先生、今度こそまともなストーリーなんでしょうね」
作「最近はストーリーより、まずタイトルで読者を惹き付けるのが流行っているそうじゃないか」
編「まぁ、確かに。まずは手にとってもらうためにも、興味を惹きそうなタイトルが必要ですよね」
作「いくつかタイトル候補を考えたのだが」
紙を渡す。
タイトル案
『俺の密室がこんなに不完全なわけがない』
『やはり俺の密室トリックは間違っている。』
『とある密室の超電磁砲(レールガン)』
『僕は密室が少ない』
『密室殺人に出会いを求めるのは間違っているだろうか』
編「没。どこかで聞いたようなタイトルだし、だんだん意味がなくなってきてませんか」
作「うーむ、じゃあこれでどうだ」
紙を渡す。
タイトル案2
『ゼロから始める殺人の書』
『Re:ゼロから始める殺人生活』
編「ゼロから始めるを使いたいだけじゃないですか。没です! 没!」

その3
編「先生、いいかげんにちゃんと書いてくださいよ」
作「それならミステリーとグルメを組み合わせる構想があるのだが」
編「その手のはすでにいろいろ出てますよ」
作「謎の屋敷へ招待された人々が、屋敷に閉じ込められて殺し合いを強要されるというものなのだが」
編「それのどこにグルメ要素があるんですか」
作「強要されるのは殺しだけではなく、殺した相手をいかにおいしく調理して食べるかというものでな」
編「なんかミステリーというよりホラーっぽいですね」
作「タイトルは『蠱毒のグルメ』なんてどうだろう」
編「没!」

その4
作「時代はアイドルだ!」
編(また変なことを言い出した)
作「なんだその目は」
編「いえ、何でもありません」
作「これが当れば、ゲーム化やアニメ化だって夢じゃない」
編「先生の作風では無理があると思いますが」
作「心配いらん。ちゃんとリサーチ済みだ。タイプの違うかわいいアイドルをいっぱい出せば売れる。タイトルは『アイドルマーダー 死んでるらガールズ』!」
編「没!」
作「じゃあ、雪に閉ざされたホテルで次々に殺人事件が起こるのを実況する『デスライブ! シャイニング!!』とか」
編「キングに喧嘩売っとんのか!」

その5
作「この間『キャッスル』という海外ドラマを観たんだが」
編「あぁ、おもしろいですね、あれ。ミステリー作家が警察に協力して事件を解決するやつ」
作「あぁ、わしもああいうのを書いてみよかと思ってな」
編「でも今更海外ドラマの二番煎じなんてだめですよ」
作「なにもそのまま流用しようというわけではない。まず主人公を覆面作家にする」
編「覆面作家が正体を隠して警察に協力するんですか?」
作「本職は私立探偵にするんじゃ」
編「まぁ、それなら事件に関わることもありますね」
作「さらに覆面作家の正体が肉体労働系と頭脳労働系の二人組にする」
編「あぁ、エラリー・クイーンとかみたいな感じですね。あの人はトリック担当と文章担当でしたが」
作「名前は肉体労働系が左前正太郎、頭脳労働系を記憶喪失の青年でマーロウというのはどうだろう」
編「……なんか何処かで聞いたような」
作「タイトルは覆面作家をもっと格好良く言い換えて『仮面ライターW』とかどうじゃろ」
編「東映と石ノ森プロから訴えられるわ! 没!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

俺ガイルとPLLとWW

 帰りに『俺ガイル』の12巻(2年振りか?)を買いに行ったが、数軒はしごしても見つからない。
まさか、また延期か?
ネットで在庫確認した時点でないというのが信じられなくて実店舗まで探しに来たのだが、マジでないのか。

 『プリティ・リトル・ライアーズ』のコンプリートボックス届く。
今度こそ、本当に完結だ。
前に買ったシーズン5までのボックスは人にやった。
さて、どうするか。

 『ワンダーウーマン』のDVDもようやくシーズン2が出る。
『紅い旋風 ワンダーウーマン(前編)』というタイトルだが、実質シーズン2である。
予想通り、『ジャスティスリーグ』公開の11月発売だ。
後は後編(シーズン3)がいつ出るかだよなぁ。
次の映画はいつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

20日は忙しい

 20日は締め日なので仕事が忙しい。
それに加えて、肉体労働系の仕事をぶち込まれると……
さらに定時ギリギリになって、来客とか。
昨日も忙しくて、定時に帰れなかったのだから、今日はちゃんと帰ろうとしていたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日は火曜日

 三連休だったせいで、曜日の感覚が狂う。
今日は火曜日なのだが、気分的には月曜日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ささきいさお大忙し

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を観る。
まぁ、『Vol.2』が『リミックス』くらいなら、『ラグナロク』が『バトルロイヤル』になるよりはまだいいか。
今回は、クイルの父が登場。
子供の頃は、デビッド・ハッセルホフ(『ナイトライダー』のマイケル)が父親と言い聞かされてきたクイル。
おかげで、一瞬、本当にデビッド・ハッセルホフが出てきて、そこだけ吹き替えもささきいさおに。
今回はシルヴェスター・スタローンもスタカーと言う役で出てきていて、そっちもささきいさおが吹き替えている。
今回のテーマは家族かな。
ヨンドゥは亡くなってしまったが、ネビュラとマンティスという女性陣が参加。
ついでにヨンドゥの部下クラグリンも。
また余計な恨みを買ったので、次はどうなることか。
エンディングでグルートは大夫成長して、反抗期のニートみたいになってる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台風はまだ来ない

 昨日からテレビは「台風がー」ばかり。
こっちはまだ来てないみたいで、むしろ昨日より天気は良い。
だからと言って外出したりはしないが。
積読本を崩そうと本を手に取るが、どうもノリが良くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«ヤマト発進