【悲報】メイドインアビスにメイドが出てこない件

 夏のテレビアニメが積んだままなので消化中。
『メイドインアビス』と言うタイトルに惹かれ、あくまでメイドな女の子がきゃっきゃうふふする話かと思っていたら……
正体不明の巨大縦穴に、一攫千金を狙って集まった人々が作った町を舞台に、これまた正体不明の少年ロボットが現れてという話。
"Maid"じゃなくて"made"かよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

父の妹弟来襲

 父が退院したとの報せを受けて、叔母夫婦と叔父が様子を見に来た。
叔母夫婦は妹の近所に住んでいるので、妹の運転する車で来た。
正月でもないのに、そんな大勢で一度に来られてもというやつである。
まぁ、盆だけどな。
母からの命令で、スーパーまで寿司を買いに行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

父帰る&疲れているんだ

 父が退院するので母と二人で迎えに行く。
10時と言われていたのに、母が急かすもんだから、9時半くらいに病院に着いてしまう。
結局、30分待たされる。
こんなことなら、文庫本の一冊も持ってくるんだった。
父は入院前に比べると元気にはなっている。
しゃっくりも治まっているらしく、足下もしっかりはしている。
支払いを済ませて、タクシーで帰ることになるが、父がタクシーを呼ぶのが面倒だから大通りまで歩くと言い出す。
そんなに元気が有り余っているのかと思ったが、結局、大通りまで途中で休みを挟みながらになる。
 帰ってから録画したビデオのBDを整理する。
疲れているのか、空目が酷い。
『シブリング』ってなんだよ。
あぁ『ラブソング』か。
『ボーンズ』が『ホームズ』に見えたのはまぁわかるが、『クリミナルマインド』を『プリズマイリヤ』と空目するってどうよ。
「リ」と「マイ」しか合ってない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一足りない

 昼休みに新刊を漁りに例の書店へ。
15日発売予定の新刊もあったが、今日発売予定の新刊が一冊足りない。
まぁ、しょうがないか。
今日は、帰りに病院へ行かないといけないので、念のためネットで取り置きをしてもらっておく。
13日にはなんばへ出るから、その時でいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

結局

 ようやく叔父が主治医から話を聞けたらしい。
まぁ、予想通りというか想定内というか。
まだ検査があるので何とも言えないが。
土日くらいには退院してくるらしいが、さて……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ガガガじゃないのか

 結局、今日も父の主治医は留守らしく、代わりに行ってくれた妹も話は聞けなかったとのこと。
まぁ、しょうがない。
 帰りに書店へ寄って、『レクリエイターズ』の小説を買おうとする。
小学館だから、ガガガ文庫かと思いながらラノベの新刊棚を探すが見つからない。
おかしいなと思って書店の端末で調べてみたら、棚番号が不明。
ただ、ガガガ文庫ではなく、小学館文庫と書かれている。
一般の方か?
一般の新刊棚を眺めていると、おもしろそうなタイトルの本が……
これ以上、お気に入りを増やすのは……と葛藤するも、とりあえず読んでみないとわからないしと思い、買ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無茶苦茶

 朝は一旦、会社で仕事をして、その後、病院へ行くつもりだったが、またもや予定が変わる。
先生の都合で10時になったらしい。
タクシーが捕まらず、母親が泣きを入れてきた。
こっちでもタクシー会社に電話をかけまくるが、雨のせいでどこもタクシーが出払っているらしい。
仕方がないので、会社の近くで走ってるタクシーを捕まえて帰るかと思って実家に電話を入れるが誰も出ない。
父の携帯に電話してみるが、こっちもダメ。
何かあったのかと心配するが、自力でタクシーを捕まえたのかもしれない。
電車で病院へ向かいつつ、10時が過ぎたあたりで病院に確認の電話を入れてみる。
受付は済ませているとのことなので、タクシーが捕まったのだろうと、病院で母親と合流する。
話を聞いたら、父親が癇癪を起こして、救急車を呼んだらしい。
本当にあの人は……
それで、当の父親はどうしているのかと言うと、診察中らしく、母は待合室で待っていてほしいと言われたらしい。
ただ入院は不可避らしい。
仕方がないので、一緒に待つ。
結局、先生は別件で会えず。
入院手続きだけ済ませて、着替えなどを取りに実家へ。
後は持っていくだけならチャリで行けるのだが……
雨なんだよなぁ。
レインコートを着込んでチャリで走る。
とりあえず、入院の準備は整ったので、後は病院のスタッフさんに任せて帰る。
台風、どうなったんだろう。
 夜、妹から電話があり、明日は妹が病院に行ってくれるそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

またか

 そろそろ風呂でも入るかと思い始めた午後8時。
父親が息が苦しいと言い出す。
しゃっくりは止まっているのだが……
本人が苦しいと言っているので、病院に電話してタクシーで連れて行く。
当直の先生に診てもらうが、呼吸器官系の疾患ではなさそうなので、結局、点滴を打ってもらって帰る。
何だかなぁ。
当直の先生が気を利かせて、火曜日の予定を前倒しにして、明日の10:30で予約してくれる。
……予定が狂ったなぁ。
明日は、はずせない仕事があるから、朝は一度会社に出ないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヤマアラシのブラック・ウィドウが奥寺先輩

 今日は積みビデオを二本消化。

 1本目はこれ。
潰れかけの劇場の支配人であるコアラのバスター・ムーンは、起死回生を掛けて素人オーディションを行い、彼らでショーをしようとするのだが……
しかしムーンが選んだ面々は、それぞれに悩みを抱える一癖も二癖もある者ばかりだった。
さらにチラシに書いた優勝賞金が間違いで2桁多く表記されていたため、その金策にも奔走しなければならなくなる。
個人的に、お気に入りはアッシュというヤマアラシの少女。
激しい振りを行うと、周囲に針を撒き散らす。
オリジナルでは、あのスカーレット・ヨハンソンが声をあてていて、吹替えでは長澤まさみが声をあてている。

 2本目はこれ。
まぁ、子供向け映画で、クライマックスのバトルシーンではみんなでオーブに声援を送ろうというノリなのだが……
何かウルトラマン、怪獣、宇宙人が多すぎて、それぞれに見せ場を作ろうとすると、やや冗長な感じになってしまうのは仕方ない。
しかし、いや、まさかのおっさんホイホイだわ、これ。
出てくるのは知っていたが、あんな粋な登場の仕方をするとは。
それとハイテンションな敵の用心棒の声が、さっき観た嫌なネズミと同じ声だわ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

忘れていた

 サイコロフィクションの新シリーズが先月末に出ていた。
2冊も。
1冊は『ヤンキー&ヨグ=ソトース』
Y&Yと言うわけだが……
ないわー。
その組み合わせはないわー。
と言うわけでスルー。
2冊目が『ダークデイズドライブ』
サブタイトルが「下僕系イケメンTRPG」
うーん、耽美系だろうかと思って、これも敬遠するつもりだったが、著者が齋藤高吉さん。
内容をざっと見ると、吸血鬼になりたいイケメンが、吸血鬼の下僕としてこき使われるという内容。
受けた任務のため、車に乗ってご主人様(吸血鬼)と愉快な下僕どもがあちこちを旅するというロードムービー風TRPG
これはおもしろそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«コミカライズ