« 曇りで2にゃんこ | トップページ | そういえばもうそんな時期か »

ローテンブルク

 この間ゆえのところに置いてきた「ちっちゃな雪使いジュガー」だが、実のところ大阪の地上波では第1話しか放映されていない。
まあBS-iでの放映がメインで地上波はTBSしか放映されていなかったみたいだが。
しかも何故か深夜枠。
ストーリー的には小さい女の子向けの名作ものだと思うのだが。
やはり毎回入浴シーンがあったのがまずかったのか(違)
それともハンナ先生の胸が大きすぎるのが(ry
ミューテンブルクという街に住む少女サガはおばあちゃんと二人暮らし。
しっかりもので亡くなった母親の影響でピアノが趣味の女の子。
そんな彼女の前に現れたのが雪使いのシュガーと名乗る小さな妖精。
彼女たちは季節使いと呼ばれ、それぞれが雨や風、太陽といった自然を司っているらしい。
シュガーたちはまだ見習いで修行のため地上に”きらめき”を探しにきたらしい。
そしてシュガーは偶然のことからサガの部屋に居候することになる。
サガには何故か彼女たちの姿が見えるのだが、他の人たちには見えない。
そんな季節使いたちと交流によって成長していくサガとシュガーのお話。
サガを一方的にライバル視しているグレタがいい味出している。
それとサガにはカノンと言う双子の妹がいて、のちにふたりはギリシャに渡って双子座の黄金聖闘士になるのだが、それはまた別の話。
 あと実は舞台になっているミューテンブルクという街はドイツに実在するローテンブルクという街をロケハンしてモデルにしたそうで、DVDの特典映像にそのロケハンの様子が収められている。
そしてのちにこの資料が「月詠」の第1話にも流用されたそうだ。

|
|

« 曇りで2にゃんこ | トップページ | そういえばもうそんな時期か »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/9457058

この記事へのトラックバック一覧です: ローテンブルク:

« 曇りで2にゃんこ | トップページ | そういえばもうそんな時期か »