« 奇妙な話 | トップページ | ASOBLOCKロボ2 »

がんすりんがーがーる

 結局、「旧宮殿にて」は昼休みに例の書店で入手出来たが、「ROOM NO.1301」の短編集は入手出来ず。
富士ミスって本当に置いてないんだよな。
仕方がないので帰りになんばに寄って買う。
ぱらぱらと見たらなんか既視感(デジャヴ)が……
あぁ、最初の方のは雑誌に掲載されてた分だ。
なんか少し損をした気分になる。
 その後、実家へ帰る。
Amazonで頼んでおいたASOBLOCKが届いているはずだから。
父親が受け取りをしたのだが、せっかくおつりがきりの良いものになるように端数を渡してあったのに、無視して大きい方だけ渡しておつりをもらってくれたので、小銭がジャラジャラ返される。
何のために端数も渡していたのか小一時間(ry
 時間が中途半端だったので、この間、録っておいた「GUNSLINGER GIRL」の第1話を観る。
大筋は聞いてはいたが、ジョゼのモノローグを中心に話が進んでいくなかなかに暗い話だ。
だがそれがいい。
視聴続行決定。
その後、今度は「ガンスリンガーガール」の第1話を観る。
ジョゼとヒルシャーが出張先のフランスでヘンリエッタたちへのおみやげを買うところから始まる。
……えーっと、これ「ガンスリンガーガール」だよな。
なんか「がんすりんがーがーる」とでも表記したいような気が抜けた内容なんだが。
なんか「どいてお兄ちゃん、そいつ殺せない」ってセリフが頭に浮かんだ。
えーっと、どうしようか。
まあ、まだ第1話だし、もう少し付き合ってみるか。

|
|

« 奇妙な話 | トップページ | ASOBLOCKロボ2 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/9822094

この記事へのトラックバック一覧です: がんすりんがーがーる:

» Gunslinger Girl 一期 [俺的南風…あたっていかないか?]
  ついさきほど1話から一気に最終回の13話まで見てきましたが、いや~面白い! [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 01時28分

« 奇妙な話 | トップページ | ASOBLOCKロボ2 »