« 追加 | トップページ | 922SHの弱点 »

ゴチバトルなら最下位が自腹なのだが

 QUMAYさんのところの今回のイベントでは重量制のリストがある。
お一人様2500gまでという制限。
複数巻に渡るものは代表の一冊の重量で計算。
そして、目安として10g単位で端数切り上げの重量が参考値としてリストに掲載されている。
つまり目安の数値が合計250までなら後は早い者勝ちなのだ。
ただそれだけではつまらないし、なにより早い者勝ちということは先に書き込まれた分は引かれるわけで……
ならば多少は余分に見ておいても大丈夫?
たとえば

15 秋山瑞人『猫の地球儀』1&2 電撃文庫
16 泡坂妻夫『湖底のまつり』創元推理文庫
15 大原まり子『金色のミルクと白色い時計』角川文庫
14 桜庭一樹『イヴゼロ』ファミ通文庫 山田桜丸名義
15 桜庭一樹『EVE TFA』ファミ通文庫
15 桜庭一樹『EVE burst error PLUS』ファミ通文庫
11 桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』富士見ミステリー文庫
18 新城カズマ『サマー/タイム/トラベラー』1&2 ハヤカワ文庫JA
22 広瀬正『マイナス ゼロ』集英社文庫
19 広瀬正『ツィス』集英社文庫
18 広瀬正『エロス』集英社文庫
18 広瀬正『鏡の国のアリス』集英社文庫
17 広瀬正『T型フォード殺人事件』集英社文庫
21 ヘンリー スレッサー『うまい犯罪、しゃれた殺人』ハヤカワ文庫HM
19 フィリップKディック『流れよわが涙、と警官は言った』ハヤカワ文庫SF
14 C L ムーア『大宇宙の魔女』ハヤカワ文庫SF

これで単純計算なら267だが、一番乗りでないかぎり必ずしも全部が全部乗っかるわけではない。
しかも切り上げられた分がどれくらいかは判らない。
16冊だから最大144gまで誤差があるということだ。
もちろんチキンに走りたければ17くらい削れば良いわけで、先頭の3つのうちどれかを削ればたぶん大丈夫。
さてさて。

|
|

« 追加 | トップページ | 922SHの弱点 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/20530409

この記事へのトラックバック一覧です: ゴチバトルなら最下位が自腹なのだが:

« 追加 | トップページ | 922SHの弱点 »