« 甘い物、辛い物 | トップページ | とは言うものの…… »

『カーマロカ』読了

Book カーマロカ―将門異聞 (FUTABA NOVELS)

著者:三雲 岳斗
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 『カーマロカ』読了。
ここ最近の読書スピードから考えると、かなりのハイペースで読み終わった。
その分、後で反動が出て疲れたが。
それをさっぴいてもおつりがくるくらいおもしろかった。
「将門の乱」直後、将門がまだ生きていると聞かされた朝廷は残党狩りの影で将門討伐の任を各方面に密かに依頼していた。
天台宗の僧兵、陰陽師・賀茂保憲、甲賀忍群の祖先にあたる望月兼家、そして将門の宿敵・平貞盛。
死んだはずの将門に付き従うのは謎の美女・柊とやはり死んだはず菅原景行。
ノリ的には山田風太郎の忍法帖シリーズとかのノリなのだが、三雲さんなので術の種明かしがいろいろされている。
ほとんどが現実的な種明かしされている中で、唯一不可思議な存在のままだったのが銀髪の異邦人・柊の存在。
まさか○○だったとは。
しかし、保憲っていうとついつい『帝都物語』の加藤保憲を連想してしまうな。
実写映画化するなら将門は↓こんな感じの阿部寛さんで(笑)

大帝の剣 DVD 大帝の剣

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2007/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|
|

« 甘い物、辛い物 | トップページ | とは言うものの…… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/21178219

この記事へのトラックバック一覧です: 『カーマロカ』読了:

« 甘い物、辛い物 | トップページ | とは言うものの…… »