« 訃報×2 | トップページ | 06月08日のココロ日記(BlogPet) »

『マイナス・ゼロ』読了

 広瀬正さんの『マイナス・ゼロ』が7月に復刊されるということだが、この間のイベントで旧版を手に入れたので一足お先に読んでみた。
なるほど、みんなが褒めるだけある、非常にしっかりしたタイムトラベルSFだ。
結局、明かされなかった伊沢先生の正体とかは気になるが。
例の警官はタイムマシンが戻ってきたら、うまいこと言いくるめて元の時代へ送り返せるだろう。
しかし、○○と××が同一人物でなおかつ親子というのには驚いた。
そんなパラドックスが起こりえるのだろうか。
母親と娘がまったく同一のDNAを持っていることになる。
それとも、この物語は繰り返すたびに少しずつ変わっていくのだろうか。
まあ、そのことに関しては最後に△△が言及しているが。
『仮面ライダー電王』で「時は人の記憶で作られている」というようなことを言っていたのを思い出す。

|
|

« 訃報×2 | トップページ | 06月08日のココロ日記(BlogPet) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/21518343

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイナス・ゼロ』読了:

« 訃報×2 | トップページ | 06月08日のココロ日記(BlogPet) »