« しまった(いったい何度目?) | トップページ | ドタバタ »

愛書家に必要なもの

 最近、頂き物の古書をよく読んでいる。
その時に必要なものとしてブックカバーと栞がある。
ブックカバーはそのへんにいくらでもあるので追い剥ぎすればいいのだが、栞がね……
最近のラノベなんかでは必ず栞、アンケートはがき、チラシの三点セットが入っていたりするのだが、俺はだいたい本に挟んだままにして保管している。
そこから拝借すればよいのだが……
いや、そのいかにもラノベですという感じのイラストの栞だと、どうも今読んでいる本と合わないというか……
なので代わりに使うあてのないアンケートはがきをとって栞代わりに使っていたりする。
あと、心斎橋にあるアセンスという書店で文庫を買うとオリジナルの栞を付けてくれる(ここはカバーも少し厚みがある光沢のある白い紙でなかなかよい。ただ最近ここもご多分に漏れず品揃えが悪くなってきている)。
これがまたシンプルで厚みもあってなかなかよいのだ。
だから気が付いたら別に取っておいて使ったりするのだが、必要な時に限って見あたらなかったりするんだよな。
そういえば『今日の早川さん2』限定版に付いていた読書セットがブックカバーと栞5種類だったのだが、使うのがもったいなくて仕舞ってある(人それを「マニアの性」という)。
 ちなみに「栞がなければページの端を折ればいいのよ」とか「カバーの端をページに挟んで」というのは「却下(コンマ1秒)」だから。

|
|

« しまった(いったい何度目?) | トップページ | ドタバタ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/21523788

この記事へのトラックバック一覧です: 愛書家に必要なもの:

« しまった(いったい何度目?) | トップページ | ドタバタ »