« 皇帝陛下とスピード対決 | トップページ | いよいよ戦いの幕が開くかも »

下妻物語とキサラギ

 ビデオの来週の予約を入れようとテレビを点けたらBS-iで『下妻物語』をやっていた。

下妻物語 スタンダード・エディション DVD 下妻物語 スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2004/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

BS-iって『下妻物語』好きだよな。
なんかしょっちゅうやってるような気がする。
その度についつい観てしまう俺も俺だが。
いや結構、好きだよ。
特にクライマックスで桃子(深田恭子)が豹変して啖呵を切るシーン。
イチゴ(土屋アンナ)の呆然とした表情がいい。
 さてさて、いざ予約を入れようとEPGを呼び出すと来週はテレビ大阪の木曜劇場で『キサラギ』をやることが判明。

キサラギ スタンダード・エディション DVD キサラギ スタンダード・エディション

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前にも書いたと思うが、これは超オススメ。
自殺したマイナーアイドル・如月ミキの一周忌に自称ファンの男が5人追悼オフを開いたら、意外な事実が次々と明らかになっていくという密室劇。
メンバーは如月ミキのファンサイトを運営していて数々の如月ミキコレクションを集めている家元(小栗旬)、オフ会の呼びかけ人オダユウジ(ユースケ・サンタマリア)、オフ会のため田舎からわざわざ出てきた安男(塚地武雅)、ノリの軽い若者スネーク(小出恵介)、そしてイチゴ娘(香川照之)
最初はちょっとギクシャクしながらも穏やかに始まったオフ会だったが、オダユウジの「如月ミキは自殺したんじゃない。殺されたんだ」という爆弾発言から一転、5人の男達の隠された秘密や新事実が次々と明らかになっていく。
そして最後はちょっとホロリとするような話になって……
最後に宍戸錠が台無しにする(笑)
エンディングの後のアレはちょっと賛否両論あるよな。
まあ来週をお楽しみに。

|

« 皇帝陛下とスピード対決 | トップページ | いよいよ戦いの幕が開くかも »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下妻物語とキサラギ:

« 皇帝陛下とスピード対決 | トップページ | いよいよ戦いの幕が開くかも »