« フォースと共に | トップページ | 『蟹工船』は小林多喜二 »

カウントって?

ラスベガスをぶっつぶせ DVD ラスベガスをぶっつぶせ

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

MITの卒業を間近に控えたベン(ジム・スタージェス)は友人達と一緒にロボコン出場のための準備と、医大進学のための学費稼ぎに精を出す毎日。
しかし、奨学金に応募してもあまりよい手応えはなく、バイトの時給が上がっても、必要な額には到底届きそうにない。
そんな時、彼のコンピュータ並の数学力に目を付けたローザ教授(ケヴィン・スペイシー)にラスベガスのブラックジャックで荒稼ぎするチームに入らないかと勧誘される。
教授はチームを組み、カウントと言われる勝率を上げる方法を使ってカジノ荒らしをやろうというのだ。
カウントは合法だが、カジノ側には当然嫌われている。
見つかったら恐いお兄さんたちに捕まって裏へと連れて行かれてしまう。
しかし、教授の絶対気付かれないので安全という言葉と、何より学費の件もあり、ベンはしぶしぶチームに加わることにする。
最初は目標額に達したら抜けると言っていたベンだったが、華やかなベガスでの生活に徐々に自分を見失っていく。
そしてついに……

実話を元にした小説を映画化したもの。
結構、おもしろいが、カウントの仕組みがよくわからず、ちょっと戸惑うかも。
映像特典でキャストがカウントの仕組みを教えてくれるものがあるので、先にそれを見ていれば仕組みを理解するところまでいかなくても、だいたいのところはわかるかもしれない。

|

« フォースと共に | トップページ | 『蟹工船』は小林多喜二 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カウントって?:

« フォースと共に | トップページ | 『蟹工船』は小林多喜二 »