« これが噂のスーパー額縁放送か!? | トップページ | ギャラクティカ・スリリング »

黒鉄の城が落ちる時

アリアンロッド・サガ・リプレイ・ブレイク(1)  ファントムレイダーズ (富士見ドラゴン・ブック) Book アリアンロッド・サガ・リプレイ・ブレイク(1)  ファントムレイダーズ (富士見ドラゴン・ブック)

著者:鈴吹 太郎,F.E.A.R.
販売元:富士見書房
発売日:2008/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 しばらく前にQUMAYさんのところで紹介されていたアリアンロッドのリプレイ本。
ようやく入手して第1話を読み終わる。
200年もの間、難攻不落と言われていた要塞をたった4人の特殊部隊で落とそうというシナリオ。
待ちかまえるのは100人を越える守備隊。
いくらザコとはいえ、こんな数の暴力を4人でまともに相手なんか出来ない。
そこでプレイヤーが取った意外な行動とは、GMもびっくりの奇想天外な作戦だった。
そして難攻不落といわれた城がついに「落ちる」
いやぁ、これは凄いよ。
確かにルールを熟知してないと思いつかない作戦だわ。
いや熟知していても発想の転換がないと無理だ。
チェス盤をひっくり返したくらいでは出てこないよ。
まだ2話目を読んでないけど楽しみだ。
ちなみに俺は『アリアンロッド』シリーズはこれが初。
何故か全然スルーしてたんだよな。
不思議不思議。

|
|

« これが噂のスーパー額縁放送か!? | トップページ | ギャラクティカ・スリリング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/27092175

この記事へのトラックバック一覧です: 黒鉄の城が落ちる時:

« これが噂のスーパー額縁放送か!? | トップページ | ギャラクティカ・スリリング »