« トロステ風 | トップページ | きょうのにゃんこ »

みんなが嘘をついている

 手持ちぶさただったので『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』第5~6話視聴。
アンディが放火されてタークが燃えてしまったけど、新しいのを作り直してコンテストに出るとサラに電話してくる。
あれ? と思って3話を見直したら、最後のところサラのナレーションにかぶさってアンディの家が燃えてるシーンがあった。
最後の方だし、たぶんよそ見をして声だけ聞いていたんだな。
実際にサラが火を点けるシーンはなかったが、5話の会話から間違いなくサラが犯人ですから。

コンテストで優勝したら軍と契約出来ると喜んでるアンディだったが決勝で日本チームの悪手に見せかけた罠にはまり敗北。
しかし直後、何者かに殺されてしまう。
犯人として捕まったのはどうやら未来の抵抗軍が送り込んだ人間の生き残りらしいということでサラが変装して探りを入れに行く。
一方で抵抗軍狩りのため送り込まれたターミネーターも行動を開始。
犯人に面会したサラは相手がカイルの兄デレクだと知る。
アンディを殺してタークを持ち去ったのは自分ではないと言うデレクに戸惑うサラ。
真犯人は別にいるのか。
さらに自分を追ってターミネーターが迫っているから近づくなと警告するデレク。
しかしデレクを移送中に助けることにしたサラは学校に行ってるジョンとキャメロンと合流。
学校サイドでも先日の自殺事件といい何か怪しい動きがあるのだが、本編と関係があるのかどうか。
移送中のデレクを助けたものの追ってきたターミネーターの襲撃を受ける一行。
キャメロンがターミネーターを押さえ込んで頭のチップを抜いて無力化したもののデレクが撃たれて重傷。
ジョンはデレクが自分の叔父に当たると知って救命救急士でサラの元婚約者のチャーリーを呼んでくる。
デレクはなんとか助かったものの生死の境を彷徨っていた時に未来での出来事を夢見ていた。
そして現在でアンディを殺したのもデレクだった。
さらに停止したターミネーターを高熱焼却するキャメロンも何故か記憶チップをこっそりと隠していた。
 今回の話でデレクは嘘をついてるし、キャメロンも怪しい行動を起こしている。
未来の話でデレクは、リプログラムされたターミネーターが暴走して仲間を殺し、キャメロンがそれを取り押さえる場面に出くわしいているのがわかる。
暴走の原因は不明ということだったが、時々あるらしい。
あと未来のアンディと会ったデレクは、アンディがスカイネット開発に関わっていたこと。
スカイネット開発には10~15名の人間が携わっていて、みんな偽名を使っていたことを聞かされている。
デレクがアンディを殺したのは確かだがタークを盗んだのは誰なのかはっきりしない。
普通に考えればアンディの相棒のはずだが。
あとデレクが未来で体験した記憶でところどころ欠落している部分が気になる。
スカイネットに捕まった捕虜達は地下で何をされたのか。
何故ピアノが演奏されていたのか。
この辺の謎は後々解き明かされるのだろうか。

|

« トロステ風 | トップページ | きょうのにゃんこ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなが嘘をついている:

« トロステ風 | トップページ | きょうのにゃんこ »