« 疲れた | トップページ | 残酷号、サトル・カルツは改造人間である »

あれれ?

ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD] DVD ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2009/03/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 先日届いた『ハンサム★スーツ』を観る。
 主人公・大木琢郎(塚地武雅)は母親から受け継いだ定食屋「こころ屋」を切り盛りしている心優しい男。
料理の腕もイタリアに修行に行ったほどの本格派。
でも容姿はどうしようもないブサイク。
美人のバイト・星野寛子(北川景子)に告白するも玉砕したうえ、寛子が店を辞めてしまう。
そして友人の結婚式に着て行くスーツを買いに行った店で、着るだけでハンサムになるハンサムスーツというものを勧められる。
そして光山杏仁(谷原章介)となってモデルデビュー。
店は昔からのバイトのヨネさん(ブラザートム)と新しく入ったブサイクなバイト・橋野本江(大島美幸)に任せてモテモテモデル生活をエンジョイする。
そしてある日、たまたま見かけた寛子に、杏仁の姿でアタックするが……
以下ネタバレ感想

 う~ん、なんか今ひとつ乗れない。
そこそこ面白いのだが、なんか決定打に欠けているような気がする。
ストーリーはまあだいたい予想したとおりで、オチも本江がブスーツ(ハンサムスーツの逆の効果を持つスーツ)を着た寛子だったわけだが、まさか寛子の父親がスーツの開発者というのは読めなかった。
あとエンディングで渡辺美里の『My Revolution』が流れるのだが、まさか本人が登場するとはさすがに読めなかった。
脚本は『ブスの瞳に恋してる』の鈴木おさむさん。
大島美幸の旦那さんである。
杏仁が寛子にアタックするシーンを観てて
寛子が「大友さん、冗談はやめてください」と言う幻聴が聞こえた(笑)
久しぶりに『モップガール』を焼いたDVDを出してきて最終回の最後のシーンを観直してしまう。

|

« 疲れた | トップページ | 残酷号、サトル・カルツは改造人間である »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれれ?:

« 疲れた | トップページ | 残酷号、サトル・カルツは改造人間である »