« 心配事は…… | トップページ | スピリッツ出てるじゃん »

電波届いたよ

 "死にたい"と思わないまでも"俺、このまま死んじゃうんじゃないかな"と幼少期に何度も思ったことがあったりして。
今、思うとそこまでたいした話ではないのだが、喘息持ちで季節の変わり目になると床に伏せっては、咳を続けていると苦しくて苦しくて。
まだ体が弱かった小学校低学年くらいまでは、そりゃ何度そんなことを考えたことか。
永遠の命というものに対しては手塚治虫の『火の鳥』のおかげで憧れることもなかったし。
むしろこんな苦しい喘息抱えたまま永遠の命なんて冗談じゃないくらいに考えていたし。
そしてこのまま死んだらどうなるんだろうとか想像してみる。
輪廻転生とかは信じてなかったようで、今度は自分が死んだ後の世界を想像してみる。
まあ結局のところ俺一人が死んだところで世界がどうなるわけでもないし、平凡な日常はすっとばして世界の破滅あたりまで空想を広げてみるわけだ。
当時の雑誌やなんかで得た知識だからノストラダムスの大予言(巨大隕石や第3次世界大戦→核ミサイル)とか、日本沈没の世界規模版とか。
何故か太陽が赤色巨星化して地球が太陽に飲み込まれるというシナリオもあったが、小学校低学年でどこからそんな知識を仕入れたんだろう。
あと何故か宇宙人の侵略による滅亡という発想はなかったみたい。
まあそんなことを布団の中で咳き込みながら空想していたという嫌な小学生だな、おい。

|
|

« 心配事は…… | トップページ | スピリッツ出てるじゃん »

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/29267077

この記事へのトラックバック一覧です: 電波届いたよ:

« 心配事は…… | トップページ | スピリッツ出てるじゃん »