« "SEALs"じゃなくて"SALEs" | トップページ | そういえばもう来週だな »

小学館文庫

 しばらく前に買った『モップガール』や『ラブシャッフル』もそうだが、小学館文庫ってドラマの原作系が多いような気がするのは俺だけだろうか。
『ラブシャッフル』はシナリオ集だったが。

戦場のガールズライフ (小学館文庫) Book 戦場のガールズライフ (小学館文庫)

著者:吉川 トリコ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつの間にか文庫落ちしていた。
 名古屋から東京に出てきて姉とふたりでマンションの2LDKに住んでいた珠子。
姉が結婚して出て行くことになり、念願の一人暮らし。
でも姉の居なくなった部屋はひとりで暮らすには広すぎるし家賃は高いし……
とか思っていたら高校時代の悪友達が次々と転がり込んできてなし崩し的に始まる共同生活。
独特の感性の持ち主で人の話を聞かないゴーイング・マイ・ウェイな希奈子(自称・モデル)
幸せな結婚を夢見ながらも男運の悪さからトラブルばかり起こしている美深(キャバ嬢)
ゴスロリファッションに身を固め黙っていればかわいいお人形さんのようだが、ひとたび口を開けば飛び出すのは痛烈な毒舌の由実(ビジュアルバンドのボーカルのおっかけ)
そんな個性的な3人に振り回される、ごくごく普通の珠子の明日はどっちだ。
原作を読むとまたドラマが観たくなる。
主題歌はnoodlesの『Glasgow Girl』

|
|

« "SEALs"じゃなくて"SALEs" | トップページ | そういえばもう来週だな »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/29623906

この記事へのトラックバック一覧です: 小学館文庫:

« "SEALs"じゃなくて"SALEs" | トップページ | そういえばもう来週だな »