« 『ヱヴァ破』鑑賞記-序 | トップページ | 『ヱヴァ破』鑑賞記-急 »

『ヱヴァ破』鑑賞記-破

以下はネタバレを含むので見るのは自己責任で。

 冒頭から第3使徒と仮設5号機の死闘。
第3使徒は北極の永久凍土で凍り漬けになっているところを発見され封印されていたのだが、"何故か"封印が解けて地上へ出ようとしたのでマリの乗る仮設5号機で迎撃することになったらしい。
マリは『365歩のマーチ』を歌いながら出撃するのだが、バトルマニア的な性格なのか?
今回、この『365歩のーチ』や『今日の日はさようなら』『翼をください』など非常に印象的な挿入歌の使い方をしていたので、思わずサントラ買いたくなっちゃったよ。
ちなみにこの支部には加持さんがいてテレビ版第八話同様、さっさと逃げ出した。
もちろんアレを持って。
続いて碇親子の墓参りのシーンから、突如、現れた第7使徒に2号機が迎撃に。
戦闘終了後アスカが紹介されるわけだが、この辺の下りはテレビ版八話に近い。
第8使徒サハクィエル、第9使徒バルディエル、第10使徒ゼルエルと続くのだが……
あれ?
ゼルエルのこと第9使徒って呼んでなかったっけ。
バルディエルは勘定されてない?
追記:ちょっと確認してみよう

第4使徒サキエル
第5使徒シャムシェル
第6使徒ラミエル←登場時にゲンドウが「あと8体の使徒」発言
第3使徒恐竜の化石っぽいやつ
第7使徒時計っぽいやつ
第8使徒サハクィエル
第9使徒バルディエル
第10使徒ゼルエル

まあそれはともかく、綾波が碇親子のために<禁則事項>を企画するのだが、3号機暴走でおじゃんに。
ちなみに3号機には鈴原ではなく<禁則事項>が乗っていたため鈴原生存。
鈴原が学校を休んでいたのは退院した妹を迎えに行ってたため。
代りに犠牲になった<禁則事項>は<禁則事項>でその後のゼルエル戦では<禁則事項>が<禁則事項>で<禁則事項>なんて使って、それでも倒せないから綾波が例の特攻を仕掛けるのだが、逆に<禁則事項>されてしまいシンジがそれを助けるために初号機で<禁則事項>したわけだが。
そして無事(?)綾波を救出した初号機に<禁則事項>が<禁則事項>で初号機を<禁則事項>して終わった。
そして流れるエンディング。
もちろんここで席を立つバカなどいるはずもなく。

|

« 『ヱヴァ破』鑑賞記-序 | トップページ | 『ヱヴァ破』鑑賞記-急 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ヱヴァ破』鑑賞記-破:

« 『ヱヴァ破』鑑賞記-序 | トップページ | 『ヱヴァ破』鑑賞記-急 »