« うんたんうんたん | トップページ | 朝から鬱 »

奇妙な夢を見た

 夢の中で本を読んでいた。
栗本薫著『銀河少年探偵団』という本だ。
伊集院大介の元で働いていた少年探偵たちが中原のパロへ次元スリップ(?)して、寝たきりのアルド・ナリスの元で奇怪な事件を解決するため奔走するという話。
もちろんそんな本は存在しない。
夢の中の話だ。
寝る前にしずるさんを読んでいたせいだろうか。
 もうひとつ思い出した。
何故か俺が職場で『フーコン・ファミリー』と『オー! マイキー』について熱く語っている夢だ。
ちなみに俺は『フーコン・ファミリー』も『オー! マイキー』もタイトルとマネキン人形劇ってことくらいしか知らない。
そんな俺が何を熱く語っているのか不明だが。
まあ夢だしな。

|
|

« うんたんうんたん | トップページ | 朝から鬱 »

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/30727679

この記事へのトラックバック一覧です: 奇妙な夢を見た:

« うんたんうんたん | トップページ | 朝から鬱 »