« 無理を承知でやってみな | トップページ | シュトロハイム=ドイツ=世界一ィィーーーーッ!! »

三冊目

 ゆえから借りた『サクラダリセット』読了。

サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫) Book サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)

著者:河野 裕
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

政府が超能力者を一所に集めて管理しようとした街・咲良田。
「管理局」に覚えがいいように学校の「奉仕クラブ」に所属している浅井ケイは記憶能力者。
春埼美空は時間を「セーブ」したところまで最大3日分戻せる能力「リセット」を持つ。
しかし「リセット」の能力は美空自身の記憶まで「リセット」してしまう。
「リセット」を越えて記憶を保持出来るケイの能力を合わせることである程度のことならやり直すことが出来る。
彼らの元に舞い込んだ新たな依頼は死んだ猫を生き返らせること。
猫の死亡した日時は「リセット」の範囲内だったのでケイと美空なら簡単に出来ることだった。
しかしケイはこの依頼に別の目的が隠されているのではないかと疑っていた。
 街が超能力者だらけで能力をうまく使うことで事件を解決したり、クライマックスにはバトルも用意されているという、ジョジョ第4部をほのぼのさせたようなノリ。
とりあえず事件の真相に迫るまでがややダラダラほのぼのしてて、ちょっと辛かった。
それとずっとカバーを付けたままだったので、途中まで大きな勘違いをしていた。
それは登場人物紹介にあった美空と盛夏のイラストを逆に認識していたこと。
いや盛夏ってなんなくショートで美空がロングなイメージだったから。

|
|

« 無理を承知でやってみな | トップページ | シュトロハイム=ドイツ=世界一ィィーーーーッ!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/30524112

この記事へのトラックバック一覧です: 三冊目:

» 速読 [速読]
速読法にはたくさんの種類がありますが、自分にあった速読法の原理や選び方、特徴などを紹介したブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 07時26分

« 無理を承知でやってみな | トップページ | シュトロハイム=ドイツ=世界一ィィーーーーッ!! »