« バックアップ | トップページ | 最終回で終わらない物語 »

こんな足長おじさんは嫌だ

 以前QUMAYさんがはまっていた『逃走中』をやっていたので観てみる。
舞台は地元のUSJ(でも1回しか行ったことないけどね)
単なる鬼ごっこではなく、途中でいろいろなミッションが発生し、結果によってハンター(鬼)が増減したり、通報部隊が投入されたりする。
通報部隊はハンターとは別にUSJ内を巡回して、逃亡者を見つけるとホイッスルを鳴らしてハンターを呼び寄せるというもの。
それがロングレッグマンという、よく大道芸で竹馬を履いて演技するアレである。
しかもハンター同様、黒を基調とした衣装で不気味。
しかも走っている時はカッカッカッと足音がするのだが、普通に歩く時は忍び足でもしているのか足音がしないのだ。
茂みの陰で身を低くして隠れていても高所からの探索からは逃れられないようで。
嫌な足長おじさんだな(笑)

|

« バックアップ | トップページ | 最終回で終わらない物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな足長おじさんは嫌だ:

« バックアップ | トップページ | 最終回で終わらない物語 »