« 不死身の捜査官 | トップページ | 光害だよなぁ »

読み終わるのがもったいない

化け猫とめまいのスキャット―ブギーポップ・ダークリー (電撃文庫) Book 化け猫とめまいのスキャット―ブギーポップ・ダークリー (電撃文庫)

著者:上遠野 浩平
販売元:アスキーメディアワークス
発売日:2009/12/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 久々のブギーポップ。
そして久々にブギーポップらしい話。
さらに、それ何てジョジョ第4部?
読み始めて途中で最後まで読むのがもったいないような気がしてきた。
 なので逃避。

突入! 痛戦車小隊 (朝日ノベルス) Book 突入! 痛戦車小隊 (朝日ノベルス)

著者:吉岡 平
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 実家の部屋を片づけていて出てきた。
途中まで読んで投げ出していたのだが……
とりあえず最近の吉岡平らしい話だった。
エネルギー配分をサッカー並の限定戦争で決める近未来世界。
限定戦争と言っても決勝大会では実弾を使うため死傷者が出る。
序盤の内輪の話がだるいが、いざ大会が始まるとさくさく話が進んでいく。
いや、進みすぎる。
まあ各国の戦車の解説を読み飛ばしているせいだろうけど。
もともとアメリカの光学迷彩装甲に対抗するために登場した痛戦車だが、その効果はどうだったのか疑問。

しかもアメリカは準決勝でイギリスに負けてるし(笑)
イギリスの監督がいかにもイギリス人(ジョンブル)らしくて笑った。
しかしオチがちょっと弱いかな。

|
|

« 不死身の捜査官 | トップページ | 光害だよなぁ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/32605033

この記事へのトラックバック一覧です: 読み終わるのがもったいない:

« 不死身の捜査官 | トップページ | 光害だよなぁ »