« 01月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 結局、買ってしまった »

あくまで秘書ですから

 悪魔というと、個人的にどうも某執事より艶っぽいお姉ちゃん系を連想しそうだが、最近は渋い男系もありですよ。
『ベヨネッタ』のロダンとか『バッカーノ!』のロニー・スキアートとか。
ロダンの容姿は、がたいのいい黒人でスキンヘッドにサングラス。
バー「ゲイツ・オブ・ヘル」のオーナー兼バーテンダーで武器職人でもある。
ベヨネッタの武器は彼が作っている。
実写だとサミュエル・L・ジャクソンあたりか。
ロニーは20代前半の「まあいい」が口癖の白人男性。
物語の発端となる錬金術師達に不老不死の酒を与えた悪魔。
1930年代以降はマルティージョ・ファミリーの「秘書(キアマトーレ)」を務めていて、実力も相まって凄い威圧感を発揮することもあるが、ある人物に顔を覚えてもらってなかったことがあり、印象が薄いことを気にしている。
本人は錬金術師のなれの果てと言ってたり、元ホムンクルスと言ったりしている。
『デュラララ!』のセルティとは顔見知り(?)らしい。

|
|

« 01月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 結局、買ってしまった »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/32983214

この記事へのトラックバック一覧です: あくまで秘書ですから:

« 01月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 結局、買ってしまった »