« 風邪引いた | トップページ | ささみさん、がんばって »

月光亭を発見、そして名探偵は生まれた

 

安静と言っても寝てばかりでは退屈なので、何か本を読もうと実家に置いている本を漁る。
ひょっとして『月光亭事件』は実家に置いてたのかもしれないと探してみたらあっさり見つかった。
そして一緒に歌野晶午の『そして名探偵は生まれた』があった。

そして名探偵は生まれた (祥伝社文庫 う 2-3) Book そして名探偵は生まれた (祥伝社文庫 う 2-3)

著者:歌野 晶午
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

密室トリックしばりの中編と短編が合わせて4編収録されている。
表題作を読んでそのまま放置していたんだ。
どれも密室トリックよりも他の部分に「やられた!」感がある。
表題作と「館という名の楽園で」が個人的には非常によかった。
「館という名の楽園で」のシチュエーションはミステリーファンの夢だよな。
実のところ似たシチュエーションを考えたことがあったので、ついつい違う展開を考えてしまった。
息子を殺した犯人に復讐するとか、そんなシチュエーションを連想したのだが、この夫婦はそんなこと思いもしなかったんだろうな。

|
|

« 風邪引いた | トップページ | ささみさん、がんばって »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/33292350

この記事へのトラックバック一覧です: 月光亭を発見、そして名探偵は生まれた:

« 風邪引いた | トップページ | ささみさん、がんばって »