« 桜は五分咲き | トップページ | 03月28日のココロ日記(BlogPet) »

DVDとして軸がぶれてる

キラー・ヴァージンロード 通常版 [DVD] DVD キラー・ヴァージンロード 通常版 [DVD]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2010/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 結婚式を明日に控えたドン尻ビリ子こと沼尻ひろ子(上野樹里)だったが、不幸な偶然から大家さん(寺脇康文)を殺してしまう。
なんとか式が済むまではこのことを隠しておきたいひろ子は大家さんの死体を樹海へ運んで隠そうとする。
しかし樹海で自殺願望を持ちながら死ねない女・小林福子(木村佳乃)と出会ったことから、自体はどんどんややこしい方向へと転がり始める。
 個人的には無駄に豪華キャストと思ってしまう面子だしストーリー自体もおもしろいと思うのだが、実際に観ていてまったく面白いと感じないのは何故だろう。
そして内容もさることながら、DVDとしての体裁もよくない。
邦画なので字幕がないのは、まぁ許すとして(出来れば入れてほしかった)、チャプターメニューがないってどういうことだ。
途中で中断した時に再開するのが面倒じゃないか(ぉ

|

« 桜は五分咲き | トップページ | 03月28日のココロ日記(BlogPet) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVDとして軸がぶれてる:

« 桜は五分咲き | トップページ | 03月28日のココロ日記(BlogPet) »