« あぁ! もううざったい!! | トップページ | コンプリートデータゲットだぜ »

再開

ミスター味っ子2(7) (イブニングKC) Book ミスター味っ子2(7) (イブニングKC)

著者:寺沢 大介
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 えー、5巻の最後はアメリカで下仲と再会した陽一に日の出食堂に危険が迫ってると警告され、実際に日の出食堂から出てきた陽太を見つめる謎の影というところで引いていたのだが、6巻冒頭ではすでに日の出食堂が更地になって売りに出てるという状態だった。
陽太はタッキーのテントにせわになっていて、日の出食堂消滅の件についてはいずれ話すと言っていたのだが、ようやくその真相が明らかになった。
 日の出食堂は爆発炎上して全壊。
幸いにも死傷者は出なかったのだが、その犯人というのが下仲が「恐怖のアンヌ」と呼ぶ自分の娘・下仲アンヌだった。
父から陽一との料理勝負の話を聞いて育ったアンヌは、いつか自分も料理勝負をしようと腕を磨いていたのだが、彼女の自作の調理器具は何故か危険なものばかり。
死者こそ出てないものの、フランスの下仲の実家では納屋の半壊や何人もの怪我人を出していたとのこと。
そのアンヌが日の出食堂に乗り込んで陽太に料理勝負を挑んだのだが、持ち込んだ自作の圧力釜が爆発。
日の出食堂を全壊に追い込んだのだった。
そのアンヌが再び陽太の前に現れ、今度開催される第50回味皇グランプリにペアで出場しようと申し入れてきたのだった。
味皇GPの話は陽一たちの耳にも入り、詳細が発表される場にみんなで駆けつける。
そして陽一は味皇室長を挑発するため優勝者に味皇の座を要求するが、二代目味皇・葛葉は絶対的な自信を見せてその挑戦を受ける。
 いやぁ、なんか後半は怒濤の展開だった。
次の巻からはいよいよ味皇GP編かぁ。
楽しみだなぁ。
それにしても陽一は日の出食堂復活のためにあちこちに借金して回ったと言ってたが、元凶の下仲に請求すればよかったのに。
彼の財力なら日の出食堂の1軒や2軒くらい建て直してくれると思うが。

|
|

« あぁ! もううざったい!! | トップページ | コンプリートデータゲットだぜ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/34394805

この記事へのトラックバック一覧です: 再開:

« あぁ! もううざったい!! | トップページ | コンプリートデータゲットだぜ »