« 黒歴史 | トップページ | ヱヴァおん »

間違えやすい
 菊地秀行だと『魔人学園』『魔闘学園』『魔校戦記』の三部作がある。
『魔人学園』は漫画化されていてセーラー服姿のガレーン・ヌーレンブルグが……(嘘)
清水義範 の『魔獣学園』と言えば、タイトルとは裏腹にドタバタコメディなわけだが……
生まれつき運の悪い主人公がやっとの思いで教師になったら担当したクラスの生徒は宇宙人、未来人、超能力者etc……だったという話。
そういや同僚の美人教師は○ンダーウーマンだったな。
一応2巻まで出ているが1巻で話自体は終わっているので続きは読まない方がいいと思う。
1巻の最後で主人公の運の悪さは改善されたのため2巻では事態が収束していってしまうので、どうにも尻つぼみな感じなのだ。
まぁ、2巻の『バビル2世』ネタは好きだが(笑)

|
|

« 黒歴史 | トップページ | ヱヴァおん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/34877144

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 黒歴史 | トップページ | ヱヴァおん »