« やっと一息 | トップページ | やっと君届をDVDへムーブ出来る »

意外と身近だったケツメイシ

 うちの実家では麦茶の代わりに「はぶ茶」(ハーブ茶ではない)というお茶を愛飲している。
いつも母が近所のお茶屋さんで買ってきていたのだが……
俺が幼い頃は2軒もあったお茶屋さんもいつの間にか1軒だけになり、その最後の1軒もとうとう潰れてしまったらしい。
そして母親が買い置きしていたはぶ茶もとうとう底を突き、最近では黒烏龍茶を代わりに買ってきているとのこと。
もし「はぶ茶」を見かけたら買ってきてほしいと言われ、ネットなんかで検索したところ、ようやくはぶ茶の正体が判明した。
名称ははぶ茶で合っているが、元になっているのはエビスグサの種子「決明子(ケツメイシ)」を炒ったものらしい。
意外なところでケツメイシの意味を知ってしまった。
尻目石じゃなかったんだ。

|
|

« やっと一息 | トップページ | やっと君届をDVDへムーブ出来る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/35015495

この記事へのトラックバック一覧です: 意外と身近だったケツメイシ:

« やっと一息 | トップページ | やっと君届をDVDへムーブ出来る »