« 異常注意報 | トップページ | クーラー消し忘れ »

ミステリーやるべ!

TRICK×LOGIC Season1 Video Games TRICK×LOGIC Season1

販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2010/07/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 天才検事・中村拓雄芳川樹は何者かにビルの屋上から突き落とされ意識不明の重体に陥る。
彼の魂は冥界へと招集され閻魔大王ヤマ・ラージャから生き返らせることを条件にある依頼を受ける。
現世での出来事を綴った冥界の書物「アカシャ」に記された未解決事件を解き明かして欲しいというものだった。
事件を解き明かす為に事件の当事者から丸ノ内警部と容疑者のひとり関口香織天野つかさを呼び出し「アカシャ」の内容を検討する樹。
しかし樹には他に気になる過去の事件があった……
 という感じの本格犯人当てミステリー。
『トリロジ』と略してしまうと三部作みたいになってしまうが全10話だそうだ。
綾辻行人と有栖川有栖も参加しているので『安楽椅子探偵』シリーズのPSP版のような感じがする。
「動機の強い弱いは関係ない」とか基本ルールも似てるし。
基本は小説になっていて、この小説部分を他の人のPSPへ転送して協力を仰ぐことも出来るらしい。
とりあえず、練習問題とファイル1をやってみる。
まず一度読んで、二度目からはキーワードを集め、そのキーワードから推理を行いヒラメキが作られる。
出来上がったヒラメキを調書の抜けている部分にはめ込んで完成させるわけだが、出来上がるヒラメキが正しいものとは限らない。
自分の推理とは違うヒラメキばかり出来上がって、肝心のヒラメキが出来なかったりと、その辺で苦労させられた。
犯人もトリックもわかっているのに、ヒラメキが生成出来ない時のもどかしさ。
とにかく一度に使えるキーワードは5つなので、関係なさそうなキーワードもぶち込んでいろいろ試してみてやっと納得のいくヒラメキが出来た。
ちなみにダウンロード販売もやっていて、No.5以降はバラ売りでファイル1つにつき400円だそうだ。

| |

« 異常注意報 | トップページ | クーラー消し忘れ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミステリーやるべ!:

« 異常注意報 | トップページ | クーラー消し忘れ »