« ちょっと今、機嫌が悪い | トップページ | いまさらのにゃんこ »

パロディーと盗作の境目

GJ部(グッジョぶ)2 (ガガガ文庫) Book GJ部(グッジョぶ)2 (ガガガ文庫)

著者:新木 伸
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これの「合宿」の章。
内容がゆうきまさみの「究極超人あ~る」の一節そっくりである。
あとがきでその件について出典元として「究極超人あ~る」を紹介しているので、これはパロディという解釈になるのだろう。

アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ(2)  愛はお金で買えません! (富士見ドラゴン・ブック) Book アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ(2)  愛はお金で買えません! (富士見ドラゴン・ブック)

著者:田中信二,F.E.A.R.
販売元:富士見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 赤い水斑のジャアとドランの会話はほとんどファーストガンダムのパロディだし。

七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫) Book 七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫)

著者:久住 四季
販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これはタイトルは梶尾真治さんの『つばき、時跳び』からだろうけど、内容はほとんど『サマータイムマシン・ブルース』が発想元ですね。
追記:最近は文章をまるまる写してしまっているのを盗作と言うそうだ。
そりゃそんなことしたらロクさんとニコがコピペ税を取り立てに来るぞ(笑)

|
|

« ちょっと今、機嫌が悪い | トップページ | いまさらのにゃんこ »

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/35736612

この記事へのトラックバック一覧です: パロディーと盗作の境目:

« ちょっと今、機嫌が悪い | トップページ | いまさらのにゃんこ »