« パンクとお茶 | トップページ | 熱帯夜と地震 »

キンダーヴィッチ・コフスキーとソウスキー・セガール

真説ルパン対ホームズ―名探偵博覧会〈1〉 (創元推理文庫) Book 真説ルパン対ホームズ―名探偵博覧会〈1〉 (創元推理文庫)

著者:芦辺 拓
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 『《ホテル・ミカド》の殺人』読了。
サンフランシスコにやって来ていたチャーリー・チャン(C.C)はたまたま宿泊した日本人街のホテル・ミカドで奇妙な殺人事件に巻き込まれる。
そこで被害者からの依頼を断りに来たサム・スペード(S.S)と出会う。
さらにはホテルの従業員で麻薬中毒の日本人青年キンダーヴィッチ・コフスキー(K.K)が重要な目撃証言を持ってきて事件の謎を見事に解決するのであった。
「サンフランシスコの日本人間で起きた、危うく迷宮入りをしそうになった奇妙な殺人事件」と『本陣殺人事件』で語られた話を芦辺拓が書き下ろした短編。
しかし日本人の名前が発音しにくいからってロシア風にしなくても(笑)

|
|

« パンクとお茶 | トップページ | 熱帯夜と地震 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/35840379

この記事へのトラックバック一覧です: キンダーヴィッチ・コフスキーとソウスキー・セガール:

« パンクとお茶 | トップページ | 熱帯夜と地震 »