« 限界! | トップページ | しばらく休みます »

ホラーとミステリー

ハンターズ・ムーン2 スローター・サイクル (Role&Roll Books) Book ハンターズ・ムーン2 スローター・サイクル (Role&Roll Books)

著者:齋藤 高吉,冒険企画局
販売元:新紀元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 前作でGMの殺意の高さに驚かされたが、今回はおとなしめ。
というか、モノビーストに加えて新ルール・ハンターキラーを導入したものの、とんだお笑い要員になってしまった。
そしてやはり新ルール・PCが死んだらフェイズ終了までに新キャラ作れば次のフェイズから出ていいよで、まさかの裏技。
まぁこのシナリオの特異性を逆手に取ったものだから二度は使えないだろうけど。

災厄娘inアーカム Book 災厄娘inアーカム

著者:新熊 昇,都築 由浩
販売元:青心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 クトゥルフ物。
現代のアーカムを舞台にミスカトニック大学の准教授になったアイリーンに降りかかる宇宙的恐怖。
このアイリーンが『ネクロノミコン』の著者アヴドゥル・アルハズラットとインスマスの名家マシュー家の両方の血を引いているという設定。
恋人が発明家で今回の敵と戦うのに超電磁砲を積んだトレーラーを出してくるのだが、ほとんどメーサー殺獣光線車のノリである。

死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫) Book 死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)

著者:野崎 まど
販売元:アスキーメディアワークス
発売日:2010/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 生物教師として女子校に赴任した若き教師・伊藤は妙におどおどした空気を読めない転入生の天名珠からこの学校に死なない生徒がいるという噂があり、その子を探し出したいと相談を持ちかけられる。
生物の教師として死なない生徒なんているわけがないと言おうとした伊藤の前に、自分がその死なない生徒だと名乗り出てきたのが識別組子という女生徒。
ところが翌日その識別組子が首を切り取られた遺体となって発見される。
 とまぁ、あらすじだけでもう引き込まれること請け合い。
ただ識別組子が明かす不死の秘密があまりにも身も蓋もなかったのが残念。
もっとも彼女が本当のことを言っているという証明は出来ない。
あるいは天名に付きまとわれるのが嫌で適当に話をでっち上げた可能性もある。
どちらにしろ真相は闇の中。
後、天名の正体は最後の屋上の時に気付いたが、まさか心臓もトリック(?)とは見抜けなかった。

|
|

« 限界! | トップページ | しばらく休みます »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/37484355

この記事へのトラックバック一覧です: ホラーとミステリー:

« 限界! | トップページ | しばらく休みます »