« きょうのにゃんこ | トップページ | 猫村いろはを待ちながら »

やはり短編は相性が良い

探偵倶楽部 (角川文庫) Book 探偵倶楽部 (角川文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 昨夜のドラマがおもしろかったので、思わず購入。
東野圭吾でドラマ化された短編というと『ガリレオ』、『名探偵の掟』、『新参者』があるが、これもなかなかいい。
『新参者』は読んでいないが、いずれ文庫に落ちたら読もうかと思っていたら、これもシリーズものなんだな。
加賀恭一郎シリーズということで、調べてみたら『眠りの森』というのがあってびっくり。
えっ、木村拓哉と中山美穂のあのドラマ?
と思ったらあれは『眠れる森』だった。
竹内まりあの『カムフラージュ』が主題歌だったんだよな。
 話が逸れてしまった。
VIP御用達の会員制の興信所「探偵倶楽部」
ドラマでは谷原章介と松下奈緒が演じていたが、原作では名前も正体も不明の黒服の男女という扱いになっている。
途中でVIP御用達のわりに庶民的な事件もあり、あれっ? となったが、次の話で会員のレベルを下げすぎたために事件に利用されるはめになり、会員の基準を戻したようだ。

|
|

« きょうのにゃんこ | トップページ | 猫村いろはを待ちながら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/37382139

この記事へのトラックバック一覧です: やはり短編は相性が良い:

« きょうのにゃんこ | トップページ | 猫村いろはを待ちながら »