« メーリ、メーリ、クリマス | トップページ | 2位じゃダメなんですよ »

焚書官コンビとニアミス

ダンタリアンの書架6 Book ダンタリアンの書架6

著者:三雲 岳斗
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010/11/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 読了。
今回は不死身の殺し屋を描いた「雛形の書」
辺境で発見された高名な建築家の遺作をめぐる「柩の書」
ヒューイの昔なじみの依頼で訪れたリゾートの島と海魔による連続殺人を描いた「人化の書」
そしてその裏で焚書官コンビがニアミスしていたという「楽園の書」
それにいつもの断章が2編という構成。
 「雛形の書」は不死身の殺し屋というある意味ホラーな存在のわりに、オチがもう笑うしかないようなオチ。
業者はちゃんと選ぼうね。
「柩の書」では賑やかな女写真記者が登場するのだが、最初は幻書泥棒の変装かと疑ってしまった。
最後の「楽園の書」では焚書官ハルとフランの過去がチラリと出てきた。

|
|

« メーリ、メーリ、クリマス | トップページ | 2位じゃダメなんですよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/38063117

この記事へのトラックバック一覧です: 焚書官コンビとニアミス:

« メーリ、メーリ、クリマス | トップページ | 2位じゃダメなんですよ »