« 扉をあけるとそこは修羅場だった | トップページ | SEVEN GOD of Good Fortune »

今日はDVD消化の日1

 いいかげん『GT5』ばかりやっているわけにもいかないので、本日はDVDの消化をメインにする。

シーサイドモーテル [DVD] DVD シーサイドモーテル [DVD]

販売元:メディアファクトリー
発売日:2010/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 山の中なのに「シーサイド」と名付けられたモーテル。
2階建て4室で起こる一癖も二癖もある人物達のシチュエーションコメディー?
103号室はインチキ化粧品のセールスマンの元へ間違えてやってきたコールガール。
せっかくだからこの男から金を取ろうとするコールガールとインチキ化粧品を売りつけてやろうとする男の話。
202号室はヤクザに借金をして逃げてきたカップルとそれを追ってきたヤクザの二人組。
さらに組に雇われた拷問係がやってきて……
203号室は弱小安売りスーパーを経営する社長夫婦。
夫は元気のない下半身をなんとかしようと妻を追い出してコールガールを呼ぶが……
最後に102号室にやってきたのはキャバクラ嬢と彼女をものにしようとしている男。
車が故障したと嘘を付いてモーテルに連れ込んだまではよかったが……
 部屋毎にストーリーはまとまっているのだが、一部の伏線は他の部屋にあったりと、ちょっとややこしい。
時間も部屋毎に前後するのでそのあたりもややこしくしている原因かも。
それにしても交通事故起こりすぎだろう。

|

« 扉をあけるとそこは修羅場だった | トップページ | SEVEN GOD of Good Fortune »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はDVD消化の日1:

« 扉をあけるとそこは修羅場だった | トップページ | SEVEN GOD of Good Fortune »