« ここじゃない未来 | トップページ | 今日はDVD消化の日1 »

扉をあけるとそこは修羅場だった

僕と彼女とギャルゲーな戦い (メディアワークス文庫) Book 僕と彼女とギャルゲーな戦い (メディアワークス文庫)

著者:西村 悠
販売元:アスキーメディアワークス
発売日:2010/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 目指していた小説家には挫折し、就職も不採用続きで落ち込んでいたところへ現れたのは高校時代の憧れの先輩。
「私に付き合って」と連れて行かれたのはデスマーチの鳴り響くギャルゲー製作の現場だった。
 ギャルゲーの製作現場が結構リアルで、まともにやったら鬱になりそうだ。
次々に起きる難題をなんとか乗り越えていく主人公だが、そりゃ投げ出したくもなるよ。
憧れの美人の先輩がいなければさっさと逃げ出してますね。
ええ、逃げた人間が言うんだから間違いないです。
それにしてもギャルゲーで次々にヒロインに不幸が降りかかるシチュエーションが条例にひっかかるというのも何だが、じゃぁヒロインを男にしたら条例にひっかからないんじゃない? というのも酷い話だ。

|
|

« ここじゃない未来 | トップページ | 今日はDVD消化の日1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/37975641

この記事へのトラックバック一覧です: 扉をあけるとそこは修羅場だった:

« ここじゃない未来 | トップページ | 今日はDVD消化の日1 »