« おかげさまで | トップページ | 放射能除去装置 »

リメイクはオリジナルを超えられるのか

マダムと泥棒 【スタジオ・カナル・コレクション】 [Blu-ray] DVD マダムと泥棒 【スタジオ・カナル・コレクション】 [Blu-ray]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2011/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 以前、なんかのキャンペーンでトム・ハンクスの『レディ・キラーズ』を入手したのだが、期待に反してイマイチだったのでがっかりした。
後に『マダムと泥棒』という映画のリメイクと知り、オリジナルの方は結構、評価が高かったのでDVDを買おうとしたのだが、すでに廃盤になったのか売っておらず、まぁまたそのうち安いので出るだろうとDYFに登録していたら、ブルーレイで復活となることが判明。
うーん、どうしようか。
 基本、リメイクはオリジナルを超えられないことが多いから、リメイクがつまらなくてもオリジナルの方はおもしろい確率は高いと思う。
これまでの経験でリメイクがオリジナルよりおもしろかったのは『ミニミニ大作戦』くらいだからな。
まぁあれはリメイクというより別物だしな。

|

« おかげさまで | トップページ | 放射能除去装置 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リメイクはオリジナルを超えられるのか:

« おかげさまで | トップページ | 放射能除去装置 »