« たしかにけしからん | トップページ | 親父、とりあえず一杯、うまい牛乳をくれ »

怪盗VS怪盗

ライアー・ライセンス (電撃文庫) Book ライアー・ライセンス (電撃文庫)

著者:市原 秋太
販売元:アスキーメディアワークス
発売日:2011/06/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 読了。
異能を駆使する怪盗を養成する学校へ、異能を持っているという嘘をついて入学した主人公の学園異能バトルモノ。
異能が四文字熟語にイタいルビが振ってあるのが、とあるっぽい。
もっとも良い怪盗を養成する学校で、しかも悪い怪盗集団も登場。
どうせなら名探偵も出してほしかったものだ。
それは次巻以降かな。
ライアーライセンスと言うくらいだから、異能を持っているという嘘をそのまま突き通すのかと思ったら、異能潰しの異能を持っていたというのはどうかと。
嘘を武器にするような能力だったらよかったのに。
ちなみに時間を一日だけ巻き戻すアイテムが出てくるのだが、時間が巻き戻されてからがやや慌ただしかったかな。

|
|

« たしかにけしからん | トップページ | 親父、とりあえず一杯、うまい牛乳をくれ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/40468524

この記事へのトラックバック一覧です: 怪盗VS怪盗:

« たしかにけしからん | トップページ | 親父、とりあえず一杯、うまい牛乳をくれ »