« 後継機が出ないしなぁ | トップページ | まだだ、たかが入力端子をひとつやられただけだ »

この母にしてこの娘あり

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) Book ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

著者:三上 延
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2011/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今回の大筋は栞子さんの母親の話。
登場はしないけど、栞子さんの話を聞くかぎり、この母親にしてこの娘ありという感じ。
どちらも酷いという意味で。
あと前巻で出てきた人たちのその後も語られている。

|
|

« 後継機が出ないしなぁ | トップページ | まだだ、たかが入力端子をひとつやられただけだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/42843273

この記事へのトラックバック一覧です: この母にしてこの娘あり:

« 後継機が出ないしなぁ | トップページ | まだだ、たかが入力端子をひとつやられただけだ »