« ネコミミモード | トップページ | 「たまゆら」のあらすじ(ウソ) »

字幕派はええかっこしい

 昼前に、たまたまザッピングしていたら、所さんの番組で映画の視聴姿勢に関する話をやっていた。
中でも字幕派と吹替派の話があったのだが……
字幕派のよく言う
・唇の動きが合ってないので気持ち悪い
・俳優の生の声を聞きたい
・喋り方も演技の一部なので吹き替えではそれが再現出来ない
等かよく挙げられるが、これらが錯覚であるということを実験で証明していた。
とある映画を字幕と吹き替えの両方で見せた後、どちらがよかったか意見を聞き理由を挙げてもらったのだが、例によって字幕派では上記のような意見を言う人が大勢を占めた。
ところが、この時に見せた字幕の映画はイタリアの映画の英語吹き替えで、唇の動きも合ってないのだが、誰もそれに気付かずに上記のような意見を言っていたという恥ずかしい結果になった。
気付かなかった大きな理由として、実験で被験者の視線の動きを調べてみたら、字幕の場合、どうしても視線が字幕へ集中してしまい、全体で約4割は字幕を見ているので、画面へ集中出来ていないということだった。
ネイティブに外国語がわかるなら字幕を無視して映像に集中出来るのだろうが、字幕に頼らなければならない以上、どうしてもそうなるわなぁ。
まぁ俺の字幕嫌いは『指輪物語』事件のせいだけどね。

|

« ネコミミモード | トップページ | 「たまゆら」のあらすじ(ウソ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 字幕派はええかっこしい:

« ネコミミモード | トップページ | 「たまゆら」のあらすじ(ウソ) »