« 荒木伸吾さん死去 | トップページ | コロンボ若っ! »

ミステリーであって推理小説でない

 「奇談求む」の新聞広告につられてstrawberry Hillというバーを訪れる人々。
待ちかまえているのは自称「奇談蒐集家」のエビスと従者らしきヒサカ。
客の披露する奇談に大喜びのエビスだが、ヒサカはそんなものは奇談でもなんでもないと、あっさり謎を解いてしまう。
というパターンの短編集。
各話の謎はそれほど難しいものではなく、ヒサカでなくてもちょっとミステリー好きならあっさり解いてしまえるレベルだが、この小説の真の話は最後の話にもっていかれる。
それまでの話が繋がっていき、そこに今度こそ解明不能な奇談が浮かび上がるという仕組み。
なので最後まで読まないと、この小説の本当の姿はわからないだろう。

|
|

« 荒木伸吾さん死去 | トップページ | コロンボ若っ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/43262652

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリーであって推理小説でない:

« 荒木伸吾さん死去 | トップページ | コロンボ若っ! »