« サンタクロースはきっともういないけど | トップページ | 寒い »

引き籠もる

 なんか微妙に児童書っぽく感じられないんだが。
今回は魔山を追放されたピィの話がメインで、フェノンの話がおまけ程度に。
まずは、ピィが何故「神殺し」と呼ばれ、魔力を封印されて魔山を追放されたのかと言うことが明かされる話。
いや、魔山がびでぇ組織だということはわかった。
そしてフェノン死す。
いや、フェノンは死んでないか。

 こっちのほうがよほど児童書っぽいような気がする。
いや、あの残念な変態将軍がいるからダメか。
人間より馬の方が好きってマニアックすぎるだろう。
今、流行のウマドンナか、逆の意味の。

|

« サンタクロースはきっともういないけど | トップページ | 寒い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引き籠もる:

« サンタクロースはきっともういないけど | トップページ | 寒い »