« ば、ば、爆睡 | トップページ | 消防車のサイレンで目覚めた朝は…… »

ギャルゲヱの逆は乙女ゲー

 思わず1巻読み終わった後、そのまま2巻を読んでしまった。
ある時、自分が妹のやっていた乙女ゲーの中にいることに気付いた日下部湊。
乙女ゲーの世界では武尊湊という名前で、妹の代わりに姉がいる設定。
しかも武尊湊ルートに入ると、湊がやたら死ぬらしいという前世の妹の言葉を思い出してしまう。
なんとか武尊湊ルート=死亡フラグを阻止しようと主人公キャラ(乙女ちゃん)に冷たくする湊だったが……
さらに2巻では乙女ちゃんのライバルキャラ(主人公視点だとヒロイン)とのイベントにも死亡フラグがあることを思い出し、ヒロインたちからも距離をおかなければならなくなるのだが……
気が付くと新しいヒロインが出ていたり、相変わらずの声フェチが禍して、レベル5(の声)のヒロインにはホイホイ着いていったりとダメダメじゃん。
それに今回、湊自身から前世での知識を他者に伝えようとしたり、明らかにイベントにそぐわない行動を取ろうとしたりすると、強制力が働いて一時的に湊の意識が奪われてゲームキャラとして振る舞うという現象が起こることが判明。
その代わり、乙女側はその間、湊に対する選択肢のバグが出なくなるので、それを逆手に取って今回は危機を乗り切るのだが……

|
|

« ば、ば、爆睡 | トップページ | 消防車のサイレンで目覚めた朝は…… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/45522788

この記事へのトラックバック一覧です: ギャルゲヱの逆は乙女ゲー:

« ば、ば、爆睡 | トップページ | 消防車のサイレンで目覚めた朝は…… »