« 愚者のエンドロール解答編 | トップページ | 母の退院 »

この物語には変態しか出てこないのか

 前半、姫萩九郎によって画策された秋山忍VS秋月マキシの作家バトルを経て、後半は引き籠もっている姫萩紅葉に会いに行く話なのだが……
新キャラも2人を除いて変態ばかりでした(大門さんと紅葉は今のところ変態かどうか不明)
4巻の最後に登場した姫萩九郎。
5巻でいきなりキャラが崩壊。
重度(つーか、もはや犯罪級)のシスコンで罠マニア。
姫萩家のメイド・森部佐茅(もりべ さち)はバトルマニアで、こいつの持っている箒もアレだし。
もうどこからつっこめばいいのか。
そして犬のくせに、リア充なフラグを立てまくる春海和人。
しかも本人に自覚がないからやってらんねー。
一度、爆発しろ。

|
|

« 愚者のエンドロール解答編 | トップページ | 母の退院 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/46203543

この記事へのトラックバック一覧です: この物語には変態しか出てこないのか:

« 愚者のエンドロール解答編 | トップページ | 母の退院 »