« 西部の精霊って | トップページ | 最悪の日 »

今日の積み崩し本

 札付きの錬金術師二人が送り込まれたの前線の街。
戦いで活気づく混沌とした街でも、かなり良い工房をあてがわれた二人だが、前任者の不審な死ということもあり、気が抜けない状況。
さらに二人の監視に送り込まれてきたのは、年端もいかないシスターだった。
という感じ。
各組織のいろいろと複雑な力関係の上を綱渡りするような感覚が心地よい。
こういうのって好きだよな。

|
|

« 西部の精霊って | トップページ | 最悪の日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/46723202

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の積み崩し本:

« 西部の精霊って | トップページ | 最悪の日 »