« 謎の覚書 | トップページ | 後はプラチナクラウンだけ »

一気読み

 正確には、6巻は途中まで読んでいたが、途中で7巻出てから一気に読もうと思って放置していた。
今回は横浜で開催される論文コンペの話のはずが、何やらきな臭い方向へ。
7巻ではついに、局地戦争状態。
そんな中でも、主人公の回りの学生達が暴れ回れるという、何て人材豊富なんだ。
最後は、現在の領土問題の鬱憤を晴らすかの様な攻撃だった(笑)
とりあえず、みんなレベルアップしたのに、それをリミッター解除でさらに置き去りにする主人公二人がなんとも。
でも、また普通(?)の高校生活レベルの話に戻って欲しいなぁ。

|
|

« 謎の覚書 | トップページ | 後はプラチナクラウンだけ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/47018710

この記事へのトラックバック一覧です: 一気読み:

« 謎の覚書 | トップページ | 後はプラチナクラウンだけ »