« わたしたちが百合と呼ばれていた頃 | トップページ | 迂闊、不覚 »

嫌な夢を見た

 用事があったので、雨の中を出掛けた。
いつもなら自転車で行く所だが、雨が降っているので、電車を乗り継いで徒歩で。
ところが途中で雨は止み、傘は荷物に。
しばらく歩いていると、車のバックファイアのような音が、断続的に聞こえてきた。
音の方を見ると、拳銃を持った男が、こっちへ向かって歩いてくる。
明らかに「私は頭がおかしいです」という顔をしている。
思わず地面へ伏せたが、男は構わずに銃を撃ちながらこっちへ歩み寄って来る。
そしてついに、男がすぐ傍までやって来て、俺は頭を撃ち抜かれて死んだ。
というところで目が覚める。
朝から最低な目覚めだ。

|
|

« わたしたちが百合と呼ばれていた頃 | トップページ | 迂闊、不覚 »

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/52214101

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌な夢を見た:

« わたしたちが百合と呼ばれていた頃 | トップページ | 迂闊、不覚 »