« ゴロゴロダラダラ | トップページ | 氷菓を再評価しようか »

似て異なる設定

 皇帝陛下の影武者計画が動き出すが、肝心の候補者がいない。
そこで慎一が思いついたのが、「似た人間がいないなら作ってしまえばいいのよ」と言うわけで、陛下の等身大可動フィギュアを作って、魔法で動かそうという計画。
こういうことではフェイクドラゴンの件で実力を示したドワーフが適任と極秘裏に作ってもらうことになったが……
変形機能って、どんなの仕込んだんだよ(笑)
もうひとつの問題は、そのフィギュアを魔法で操る人材。
この娘がまた、お手本丸写しは出来るけど、応用が効かない性格で……
それと、もうひとつ。
帝国内で突然、魔法が使えなくなる現象が発生していて……と言う話なのだが、これがまた大事件に繋がっていく。
 それから、あとがきでアニメ版との細かい設定の違いとかフォローとかしてたけど、まさか今巻でアレを出してきたのもそのフォローだったのだろうか。

|
|

« ゴロゴロダラダラ | トップページ | 氷菓を再評価しようか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/53834691

この記事へのトラックバック一覧です: 似て異なる設定:

« ゴロゴロダラダラ | トップページ | 氷菓を再評価しようか »