« 面倒な仕事 | トップページ | 珍しく占いが当たる »

奇蹟の映画化

 『ヴェロニカ・マーズ』が映画化されて、まもなく公開だそうだ。
元々、女子高生探偵ヴェロニカ・マーズの活躍を描いたテレビドラマだったのだが、ヴェロニカも女子大生になり、なんやかんやで打ち切られ、映画化も配給元のワーナー・ブラザーズに断わられたため、スタッフ・キャストが募金を呼びかけ資金を集めたそうだ。
実は、ファイナルシーズンのDVDのおまけに、次のシーズンのプレゼン用パイロットが入っていて、それではヴェロニカは新米FBI捜査官になっていたのだが、映画ではどうなっているのか。
高校卒業後10年が経ち、同窓会に出席するため町へ戻ってきたら、元彼が恋人殺しの犯人に仕立て上げられていたという話らしい。
職業に関しては触れられていないが、ポスターのヴェロニカは相変わらずNikonのごっつい一眼レフを構えている。

|
|

« 面倒な仕事 | トップページ | 珍しく占いが当たる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/55352478

この記事へのトラックバック一覧です: 奇蹟の映画化:

« 面倒な仕事 | トップページ | 珍しく占いが当たる »