« GT5終わった | トップページ | ストーリーを進めてみたら »

ダークナイトとハルク

 4人のマジシャンが何者かにスカウトされて、やがてフォー・ホースメンという名前でラスベガスで大規模なショーを開催するまでになる。
そしてステージの上で行われたのが、パリの銀行からお金を盗むというマジック。
もはやマジックではなく犯罪であると、FBI捜査官ディランは、インターポールから派遣されてきた女捜査官アルマと反目しつつも捜査に当たる。
そして、マジシャンのタネを見破ることを商売にしているブラッドリーに助言を求める。
そして次にフォー・ホースメンが行ったのがニューオーリンズでの興業。
ここでは彼らのスポンサーであるトレスラーが被害者に。
観客たちの預金口座がどんどん増えて、代わりにトレスラーの預金残高が減っていくというマジック。
怒ったトレスラーはブラッドリーを雇い、フォー・ホースメンを破滅させようとします。
そして最後はニューヨーク。
FBIが差し押さえた裏金の入った金庫を、金庫毎強奪。
しかし盗んだ金がブラッドリーの車からあふれ出たため、ブラッドリーが黒幕として逮捕されるはめに。
そしてブラッドリーの前に、ついに黒幕が……
 この映画、ネットではあまり評判が良くなくて、ちょっと観るのに躊躇していたのだが、いざ期待しないで観てみると、そこそこにおもしろい。
フォー・ホースメンを追うFBI捜査官は『アベンジャーズ』でブルース・バナー(ハルク)を演じていたマーク・ラファロ。
そしてトレスラーとブラッドリーを演じいてるのが、マイケル・ケインとモーガン・フリーマンという、別のブルースに使えていた人たち(笑)
トリックはともかく、ストーリーは比較的先読みしやすいが、その分テンポが良い。
そして最後に明かされる黒幕。
フォー・ホースメンの4人は古代エジプト時代から続く、正義の魔術師組織アイにスカウトされたと思っているが、どこまで本当だったのか。

|
|

« GT5終わった | トップページ | ストーリーを進めてみたら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/55971462

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイトとハルク:

« GT5終わった | トップページ | ストーリーを進めてみたら »