« 鈴鈴と蘭蘭 | トップページ | ほのかと言うと沢渡 »

キレそうなわたしの1、2分間

 FAXを頼まれる。
シートフィーダーを使えばすぐなのだが、ホッチキスで止められている書類で、ばらすわけにもいかず、1枚ずつスキャンして送らないといけない。
作業中に電話。
それを俺に振るか。
そっちで対処しろよと思ったのだが、急かされて仕方なくFAXの方は中断。
電話に対処していたら、FAXが痺れを切らせて、スキャン済みの分を送り出す。
次の原稿あるってしてあったろうが。
一定時間何もしなかったら、勝手に送り出すのかよ。
電話の対処を終えて、改めて残りをFAX。
あと2枚だったのに。

追記:実はFAXを頼まれたものもともとは郵送する予定だったもので、カラーのカタログも含まれていた。
客先から急ぐからという理由でFAXして欲しいと言われたのだった。
しかし、その後で電話があり、白黒だと見にくいので、やっぱり郵送してくれと言われた。
何だかなぁ。

|
|

« 鈴鈴と蘭蘭 | トップページ | ほのかと言うと沢渡 »

電波」カテゴリの記事

コメント

添付メールでも良さそうなものなのに、わざわざプリントアウトしてFAXするビジネス界の慣習…

投稿: 青河 | 2015年2月19日 (木) 21時35分

>青河さん
追記しておきましたが、まぁ何というか……
無駄な労力を使わされました。

投稿: さいだ | 2015年2月20日 (金) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/58990039

この記事へのトラックバック一覧です: キレそうなわたしの1、2分間:

« 鈴鈴と蘭蘭 | トップページ | ほのかと言うと沢渡 »