« I Can't Stop The Pollinosis | トップページ | 気力エンプティ »

バイオハザード

 今日は『BONES』を観る。
そろそろ10話くらいかな。
クリスマスパーティーの準備で浮かれている研究所に、例によってブースが半世紀前の死体を持ち込む。
パーティーに興味のないブレナン博士はそれに食いつき、いつものメンバーに遺体の調査の指示を出す。
ところが、遺体を解体している最中に研究所に響き渡る緊急事態のサイレン。
どうやら遺体に危険な病原菌が潜んでいて、それが飛散したらしい。
普段なら、ちゃんと防護措置をしているのだが、浮かれて酒を飲んでいたジャックは防護措置を怠っていて感染した疑いをもたれ、さらに彼と一緒にいたいつものメンバーとブースに所長までが感染の疑いを掛けられ隔離されてしまう。
感染の疑いが晴れるまで、せっかくのクリスマスを研究所で隔離されて過ごすはめになるという事態は、ある種笑い話としか思えない。
しかも、抗菌薬を投与されたブースは副作用でハイになって、ほとんどラリっている状態。
さらに結婚してないが、子供がいることが判明。
おかげで肝心の事件の方の印象がやや薄いかなぁと思っていたが、最後にちゃんと決着して、いい話だなぁという感じ。

|
|

« I Can't Stop The Pollinosis | トップページ | 気力エンプティ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364413/64495846

この記事へのトラックバック一覧です: バイオハザード:

« I Can't Stop The Pollinosis | トップページ | 気力エンプティ »