« やっと水曜日 | トップページ | もうダメだ »

ラプンツェルとロスト・ガール

 今、Dlifeで『塔の上のラプンツェル』の続編にあたるテレビシリーズをやっている。
ラプンツェルってディズニーにしては珍しく、王子様が出てこない。
ラプンツェルの恋人は、元大泥棒なのだが……
こいつ、最初に名乗っていた偽名がインパクト強すぎて、いつも本名が出てこないんだよなぁ。
ちなみに偽名が不倫フリン・ライダー。

フリン・ライダー、ユージーン・フィッツハーバートは大泥棒である。
彼と仲間だったスタビントン兄弟は、ゴーテルの手下に成り下がった。
フリン・ライダーはラプンツェルの自由の為、ゴーテルと戦うのだ。

 とまぁ、そんな冗談はさておき、今日は『ロスト・ガール』のDVDが届いた。
全5シーズン分である。
主人公の女性ボウは人間の生気を吸い取るサキュバス。
しかし、そんな自分の出自を知らずに生きてきた。
そんなボウが、ケンジーという女性を助けたことから、フェイと呼ばれるものたちに目を付けられ、自分のルーツを探し始めるという話。
フェイというのが、所謂、妖怪や妖精の類で、光と闇の勢力に分かれているのだが、ボウはどちらにも属さないことを宣言したため、両陣営から依頼を受けたり、命を狙われたりするようになる。
ボウを助けてくれるのが、人間のケンジーやフェイを研究している女医のローレン、表向きは刑事をやっている狼男のダイソン。
『ダークエンジェル』と『チャームド』を足して2で割ったような感じかな。

|

« やっと水曜日 | トップページ | もうダメだ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラプンツェルとロスト・ガール:

« やっと水曜日 | トップページ | もうダメだ »